コウの日記

波乱に満ちない平々凡々な日常をただ記述してゆくだけのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メタルマックス2リローデッド

 クエストをこなして賞金首を次々と撃破し、気づいてみたらレベルは70を超えていた。

 賞金首で特に苦労したのはグロウィンだろうか。
 巨大な島それ自体がグロウィンなので、内部を探索しながら心臓を目指すわけだが、この迷路が非常に複雑で厄介だった。扉の開閉の法則がイマイチ掴めぬまま右往左往するうちにいつしか中心部にたどり着くことはできたものの、もう一度やってできる自信は全くない。
 無駄に歩き回るプレイスタイルのためレベルに不足がないのか、戦闘で苦戦することがあまりないのが救いである。

 グラップラー四天王に関してはキャラクタークラスが設定されているようで、スカンクスがソルジャー、ブルフロッグがメカニック、カリョストロがアーチストのようだ。残るテッドブロイラーはレスラーになるんだろうかと思ったものだが・・・。

 本作は3に比べてダンジョンの難易度はかなり低いので全体的に楽だ。
 そんなこともあってゲームの展開はスピーディーであったと思うが、プレイ時間は早80時間。
 人と比べたら遅いのだと思う。

 現在は憎きテッドブロイラーを撃破したところ。
 ラストダンジョンと思しきバイアスシティの警備システムを次々と解除している最中、そいつはいた。
 なんの警戒もしていなかったのでかなりビビった。接触もしていないのに会話が始まり、戦闘に突入してしまった。
 マズイ展開だ。しかし、やるしかない。
 マリアの仇、ここで討つ!
 奴は、ナースだった。うぇっぷ。
 LOVEマシンはセットしてあったので火炎属性攻撃には苦労することはなかったが、ナースゆえ禁断の注射器を使ってくるのは勘弁して欲しい。一人死んでしまった。
 モヒカンラッガーもほぼ毎回クリティカルなため非常に被害が大きく、回復が間に合わずもう一人死んでしまった。
 禁断の注射器で最初にポチが死んだところでただ一つの蘇生アイテムを使ったため、後半は主人公ハンターとポチの一人と一匹で戦うことに。
 満タンドリンクを3回だか使ってきて無類のしぶとさを見せたが、しぶとさはこちらが上だ。
 テッドブロイラーは遂に力尽き、死に至る。

 復讐は成った。

 とはいえ旅はまだ途中だ。
 バイアス・グラップラー壊滅という大目標があるが、死人がいるのでひとまず引き返さねばならない。

 パーティーは主人公のハンターに、ストーリー進行で加わるアクセル・ミシカ。犬はポチだ。
 使用しているクルマはゲパルト、白バイ、Rウルフ。
 バトー博士に作らせたティーガーと行き止まり洞で発見したマンムートは車庫で眠ったままだ。
 活用したい気持ちはあるが、高出力のエンジンが不足しているのと現状で充分戦ってゆけているのでまだいいかと考えているうちに終盤に突入してしまったという次第。
 そういえば7番11番12番の戦車は未発見だ。
 こなしていないクエストもあるし、プレイは穴だらけだと思うが、攻略サイトに類するものは殆ど参照しなかったのでこれは仕方ないかな、と思っている。

 何はともあれ、クリアまではもう少しだろう。
 そうしたら攻略サイトでも見て、何がいけなかったのか、逆にうまくいっていたところなど検証したい。
 
  
  1. 2015/02/18(水) 00:01:31|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャーハン

 今日は、チャーハンを作った。
 私が非力なので二人分を一度に作るのは無理であるゆえ、一人分を2回という形になった。

 材料は以下のとおり。一人分である。
 ご飯1合。卵1個。ウインナーソーセージ3本。なると巻1/3本。ネギ1/3本。醤油と塩、コショウそれぞれ適量。

 フライパンをカラで火にかけてから、ウィンナーとナルトそしてネギを細かく刻む。
 それらをまとめて電子レンジで1分ほど温め、その間に卵を割ってかき混ぜておく。
 ご飯も投入しやすいように茶碗に盛った頃、電子レンジの加熱が完了するので取り出す。
 フライパンの加熱具合を見て火力を調整し、充分であると判断したら油を敷いてなじませる。
 卵とご飯を立て続けに投入し、ひたすらかき混ぜる。
 今回使ったフライパンはなめらかな曲線形状で、中華鍋のように振って返すこともできて使いやすい。
 かき混ぜながら醤油をつーっと適当にかけ、塩を小さじ1杯、コショウをバババッと振る。
 これら調味料が全体に行き渡るほどに振り、かき混ぜて、ごはんつぶがパラパラになってきたら完成だ。

 一人分なので家内に先に食べてもらおうとしたのだが、どうもそれほどおいしくない。
 食べられないほどひどく不味くはなかったので、この分は自分で食べることにした。
 食べながら家内の意見を聞いてみると、
 ・ピーマンも入れたほうがよい。
 ・卵は一つでなく二つの方が良い。

 家内がピーマンを切ってくれたので、あと卵を増量して再チャレンジ!

 プロセスは前回と同じだが、卵→ご飯投入の手際が良くなかったのか、やけに大きなスクランブルエッグになってしまった。それはより丁寧にかき混ぜることでどうにか誤魔化し、完成までこぎつけた。

 この分は当然家内に食べてもらったのだが、とても良い評価を得た。
 曰く、そこら辺のラーメン屋よりは上であると。
 私も食べてみたところ確かにおいしいのだが、自分の求めていた味とは少し違うような気がした。
 その違いが一体何であるのか判然としないが、それはこの先何度も作ってゆく上で見つけ出したい。 
  1. 2015/02/14(土) 01:42:24|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレーライス

 恥ずかしながら私は、これまでマトモに料理をしたことがなかった。
 それで生きてこれたし、これからも生きてゆくことは可能だろう。

 だが今日ちょっとしたきっかけで、人生初の料理を実施することとなった。
 メニューは、カレーライスだ。

 結論から言えば、大変おいしく出来上がった。私が理想とするカレーに限りなく近いものだ。
 家族にも好評で、おかわりしてまで食べてくれた。
 作った者として、これほど嬉しいことはない。

 少々誇らしげに、作り方を披露したい。備忘録的な意味もある。
 使用したのはハウスジャワカレーの中辛1箱。
 ジャガイモ2個、ニンジン1本、細切れ肉約300g、そしてタマネギが3個。
 
 タマネギは1/8に切り、そのほかは一口大に切る。
 最初に中火でタマネギを炒める。タマネギを、タマネギだけを!
 しんなりしてきたら、弱火にして色がつくまで。これは結構時間を要した。
 次に残った材料を入れ、中火に戻して、かき混ぜる。全体的に軽く火が通る程度で良いと思う。
 続いて、水を入れる。私はドロッとしたカレーが好きなので、箱の説明に書いてある1150mlではなく、1000mlに留めた。沸騰してきたら弱火に落とし、10分ほどかき混ぜながら煮る。この時、煮汁に色がついていた。
 火を消してカレールーを1箱ぶん溶く。溶け残るのが嫌なのでひとかけらずつおたまと菜箸で溶かしていたのだが、そこまで神経質にならずとも良いのかもしれない。かけらを細かくして全量いっぺんに入れるとか。
 再び弱火で火をつけ、やはり10分程度煮込む。その最中に隠し味として中濃ソースを軽く、直径10cmくらいの円を描くようにして加えてみた。

 こうしておいしいカレーが完成した。

 概ね箱の説明通りに進めていったのだが、タマネギの扱いが説明書きとは異なる。
 初めてということもあって断言できないものの、このことが良い方に作用したと思う。

 今日の出来栄えを維持できれば自分としても満足である。
 次は、チャーハンをおいしく作れるようになりたいと願っている。
  1. 2015/02/12(木) 23:09:54|
  2. 身の回りのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メタルマックス2リローデッド

 今現在進めているゲームは、「メタルマックス2リローデッド」である。
 元になったSFC版をプレイしたのは15年程前のことになるだろうか。
 
 母親替わりの女ソルジャー・マリアを眼前で殺された主人公。
 その相手はテッドブロイラーといい、暴力組織バイアスグラップラーの幹部である。
 オープニングイベントの自動戦闘シーンでは、クルマも含めた4人パーティを圧倒的な力でなぶり殺してゆくさまが衝撃的だった。

 復讐のゲームであると、私は思う。
 私はこれまで2とリターンズ、最近3を遊んだが、最初にプレイした2が一番感情移入した。

 2は中古で買ったのだが、前所有者のデータが面白かったことも覚えている。
 お金の表記が数字ではなく、”おくまんちょうじゃ”となっており、シナリオの進捗がテッドブロイラー撃破直前となっているのだ。これはつまり、奴を倒す手段を見出せずに、相当な長時間彷徨っていたということだ。

 本作2リローデッドは、2のシナリオと3のシステムそれぞれいいとこ取りの夢のような作品で、実際私も楽しく遊んでいる。プレイしていく中で、忘れていた無印の記憶を呼び起こされる感覚もまた良い。
 3の不備であった斜め移動の実装も地味に嬉しいというか、これ一つでかなり快適になった。

 実は現在それなりに進んでいて、モロ・ポコにたどり着いたところだ。
 レベルは45だが、相変わらず資金の運用に難があって常に金欠状態である。
 LOVEマシンの使用も可能となり、今回は組み合わせの効果を参照できる。これについては賛否両論あるかもしれないが、私は好意的に受け止めている。なぜなら、ラクだから。

 新しい街に着いたことだし、まずは装備を整えつつ近隣の調査をする予定だ。
 とりあえずは四天王の一人・ブルフロッグの撃破を目指そう。
  1. 2015/02/09(月) 20:59:16|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンクエスト3

 ゾーマに挑んで、一度全滅した。
 大魔王を弱体化させるアイテム「光の玉」を袋にしまったままだったからだ。
 賢者の石での回復も間に合わぬほどの強大な力に、私のパーティーは太刀打ちできなかった。

 再挑戦の準備を整えているとき、武闘家が「光の玉」を持っていることに気付いた。
 てっきり袋に入っているものだと思っていたのだが、それは勘違いであったようだ。

 弱体化させてもゾーマは手強かったが総力戦を持ってこれを下し、魔王の爪痕から脱出。
 ドヤ顔でアレフガルド全土の街を自慢して回るという見苦しい旅の末ラダトームに帰還し、伝説を打ち立てたのだった。


 勇者のレベルは53。
 本編クリアのためには力をつけすぎたようだ。
 この後のやり込みに興味がないわけではないが、本作のプレイはここまでとしておこう。
 
  1. 2015/01/18(日) 19:24:18|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンクエスト3

 最後に発見した街メルキドは終末思想に染まっていて、多くの住人が仕事を放棄して怠けていた。
 城塞都市なので外観は立派だが、機能しているのは宿屋のみ。
 大きな街だが、ここで得られるものは何もないようだ。

 すごろく場を上がって以降、最も苦労したのは「妖精の笛」探索だった。
 ラダトーム城にて、それはマイラの村にあるという情報を得たのだが・・・。
 人に譲ってもらうのでなく、宝箱に入っているわけでもない。ツボでもタンスでもタルにも無い。

 地面にあったのだ。
 温泉の南の地面を調べることで、「妖精の笛」は入手する事が出来た。
 このことに関するヒントは、ゲーム中に存在するのだろうか?
 私は村中を、盗賊のレミラーマで片っ端から探して発見したのだったが。

 女神ルビスを復活させ、次いで虹の雫を入手し、大魔王ゾーマの居城へと至る。
 大詰めは近いようだ。

 
  1. 2015/01/11(日) 21:29:26|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンクエスト3

 アレフガルドの世界を這いずりまわって、地図を大まかに埋めた。
 人の話の通りに探してもなぜか見つからなかったので、適当に歩いて時々盗賊の「鷹の目」を使い、町を見つけていった。
 それでもまだメルキドが見つかっていない。

 現在はマイラのすごろく場で頓挫している。
 このすごろく場、かなり難しくてなかなかあがれないのだ。
 中でも凶悪なのは落とし穴。そのマスに止まった、それだけで失敗となってしまう。下の階層に落ちた場合もサイコロ残り回数の関係でまず間違いなくゴール不可能となる。
 そもそも最初の7マス目に落とし穴が設置されていることに、巨大な悪意を感じ取る事が出来よう。

 このような所で時間を費やすのは勿体ない気もするが、ここのゴール景品がかなり有用であるゆえに素通りするのも後ろ髪引かれる思いだ。

 ・・・と、今やってみたらあっさりゴール出来た!
 ふー。これでまた心おきなく旅を続けられそう。
 このすごろく場でかなりの戦力強化を図れたので、以降の冒険はかなりラクになるだろう。
  1. 2015/01/04(日) 21:35:19|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

コウヘヤ管理者

Author:コウヘヤ管理者
コウヘヤの管理者。
ゲームと読書を好む。
格闘スタイルは双截拳で、右利きのサウスポー。
なんつて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。