コウの日記

波乱に満ちない平々凡々な日常をただ記述してゆくだけのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サラダの国のトマト姫

 第8章、3節目ということになろうか。
 昨晩は遅くなってしまったので電源入れっぱなしで今、続きを始めたところだ。

 えと、トマトのおばあさんが実はトマト姫だったというところからか。

 眼前にいるのは正真正銘トマト姫である。額の星も輝かしい。
 彼女は老婆のときと違っていたって素直だ。そんな、性格まで変わって‥‥。
 カボチャ大王を倒し、オニオン王の敵を討ってほしいと乞われる。奪われたオニオン王家の王印の奪還も重ねて頼まれた。

 フラグは立ったのだろうか?

 やはりだ。まずは大広間の前で待ち構えるナスの兵士を血祭りに挙げよう。ヤツは叫ぶ。
「この城の中で大王様の次に俺が強いんだぞ!さあかかってこい!」
 いくぜ!あっち向いてホイ!
 強敵だ。キャベツの情報でヤツが上を向く癖があることを聞いていたが、肝心のジャンケンパートがなかなか勝てない。かなりの使い手だ。だが、一進一退の攻防の末、どうにか勝利を収めることができた。

 ナスの兵士はもう、行く手を阻むことはない。
 感服したナスに扉を開けてもらい、大広間に入ってゆく。

 大広間はさすがに豪華だ。贅沢な作りの王座と、奥への扉があった。
 更に、揺り篭と服が落ちている。
 揺り篭の中に赤子はおらず、服は旅人のものであるようだ。
 服は王の子息のものと考えられるが、揺り篭の存在が不可解だ。
 
 扉は、寝室へと続いている。
 寝室には誰もいない。
 ベッドはまだ暖かく、淹れっぱなしの紅茶は飲み頃だ。本棚の本からはヒントらしき言葉が。
「子供のウツボラを見たら道なりに逆に進め」
 なんか取れたのでティーセットを入手。
 更に調べていたらベッドが動き出し、下へと続く階段が現れた。その階段を調べてみたら、
「ああ~!」
 何者かに突き落とされてしまった。
 ダンジョンだ。先ほどのヒントを心に留めて進もう。何者かの視線を感じる。気になるな‥‥。
 入口近くでウツボラに襲われた。ウツボラとは爬虫類系の怪物だ。
 不本意だが、戦闘開始。ヤツは常に左を向く傾向にある。よって、楽勝。
 途中で、ヒントを告げる穴が地面に開いていた。なにこの設定。
「ウツボラにはたくさんの子分とボスがいる」
 更に歩いてゆく。広い。マッピングが必要かも‥‥と思ったその時、ウツボラの子供を発見した。
 回れ右をして歩いてゆくと、ヒント穴がいくつかあった。
「逆に進むことは、道なりに進むことじゃ。分かれ道に惑わされるな」
「ウツボラは同じ方向ばかりを見ている」

 ヒントどおりに進んでゆくと、突き当たりでウツボラのボスと遭遇した。
 体力が多いだけで、さっきの奴と変わるところはない。つまりは、楽勝ということ。
「やった!やった!ついにウツボラを倒しました!」
 って大騒ぎするほどの強敵ではあるまいよ。

 奴の背後にあった壁に隙間があり、そこから大王の寝室へ戻ることができた。いつの間にか一回りしていたのか。そこに待ち構えるのは、カボチャ大王その人。
「よくここまでやってきたな。わしのかわいいウツボラを倒すとは、敵ながら見上げた奴だ。
 しかし、わしには敵うまい。そーら、かかってこい!」
「いくぞ、アバレル!」
 牢にいたピーマンが教えてくれた呪文が役に立つ。「グーグーチョキパーチョキパーパーグー」
 向く方向は左か下が多いようだ。面倒なので左に固定。時間はかかったが、手堅く勝利することができた。
 敗北した大王を尋問する。
「お、お前にはこの国は救えないぞ。わたしは王印など持っていない!
 それを手に入れない限り、わたしには勝ったとは言えんぞ、はっはっはっは‥‥」

 探してみたが、寝室や大広間には王印などなかった。
 トマト姫に会いに行くことにする。大王を倒したことを喜んでくれたが、王印の在り処が解らないので少し落胆気味だ。とりあえず、中庭から外に逃げようと言う。

 言われたとおりに中庭から城の外へ出たのだが、姫は付いて来たのだろうか?

「親分、訳は聞かないで!持ち物が減っちゃった!」
 もうわかったよ、ってゆうか第9章もあるのか!王印の行方は大王の子息が握っていそうだな‥‥。

「ふささほ そそたつ つてとな せぬにけ はまほ」

 ついにカボチャ大王を倒したキュウリ戦士達。
 失われた王印を見つけ出すことはできるのだろうか。

 第9章へ続く。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/10/27(月) 22:25:21|
  2.  サラダの国のトマト姫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グラディウス外伝 | ホーム | サラダの国のトマト姫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kooheya.blog51.fc2.com/tb.php/94-532df0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コウヘヤ管理者

Author:コウヘヤ管理者
コウヘヤの管理者。
ゲームと読書を好む。
格闘スタイルは双截拳で、右利きのサウスポー。
なんつて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。