コウの日記

波乱に満ちない平々凡々な日常をただ記述してゆくだけのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モンスターワールドコンプリートコレクション

 モンスターワールドⅣ。
 メガドライブ用として94年発売、収録作品中最新作。取説に最終作と書いてあるのが、なんだか切ない。物語も今作で締めくくられるのかもしれないが、これは未確認。

 主人公はアーシャという名の女の子。武器は曲刀で、これまでとは違った中東風のテイストが醸し出されている。これは作品全体にいえることで、いわば今作の舞台は中東ファンタジイといってよいかもしれない。

 プレイして始めに気付くのが、アクションパターンの豊富さ。ちょっとした動作にも幾多のパターンが用意されており、動かしているだけでも楽しい。斬りとジャンプ斬りもはっきり違うし、さらに上突き下突きのアクションが追加され、ジャンプ中であっても上昇下降それぞれのモーションが違うという芸の細かさ。
 そして宝箱を開けたときのおしりふりふり。なんというかわゆさであろうか。

 今作ではしゃがみという概念がなく、方向キー下では盾を構え、防御姿勢をとる。このことはつまり、背の低い、しゃがみ攻撃でなくては倒せない敵は存在しないということであって、「ちいせえ敵うぜー」という余計なストレスを排するということにつながっているようだ。
 そういえば「モンスターランド」でもしゃがみは無かったが、こちらは方向キー下で魔法発動になっており、時折暴発してしまうという難があった。

 本作最大の特徴は「ペペログゥ」という使い魔の存在。丸っこい可愛らしい生き物であるが、ほぼ全編通して主人公アーシャとともに成長しながら、手助けをしてくれるのである。というより、このペペログゥを上手く活用しなくては進めない構造になっているのだが。
 ペペログゥを掴むと頭上に持ち上げる格好になっている。これで頭上からの溶岩攻撃を防ぐ。
 ペペログゥを掴んだ状態でジャンプすると下降がゆっくりになる。
 ペペログウを掴んだ状態でジャンプするともう一度ジャンプできる。即ち二段ジャンプ。
 ペペログゥを掴んで投げつけるとスイッチなどのオブジェクトを操作してくれる。
 これらのアクションは直感的な操作で行うことができるので、難しくはない。

 ゲームは、かなりアクション寄りの内容だ。
 最初のダンジョンからして動く床、沈む足場、ロープ登攀中の落石など、わりと容赦がない。
 道中が長いわりに死ぬと直前セーブまで戻るというのもキツイ。
 魔法のランプで街へ戻れるので、地道に所持金を増やして装備を整えることでカバーできるが、それとて限界があろうし、ここはやはり「プレイヤーである私の成長」に期待するほかあるまい。

 そんなものに期待できるのだろうか?

 


   

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/04/13(日) 01:44:32|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モンスターワールドコンプリートコレクション | ホーム | モンスターワールドコンプリートコレクション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kooheya.blog51.fc2.com/tb.php/31-1e04c7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コウヘヤ管理者

Author:コウヘヤ管理者
コウヘヤの管理者。
ゲームと読書を好む。
格闘スタイルは双截拳で、右利きのサウスポー。
なんつて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。