コウの日記

波乱に満ちない平々凡々な日常をただ記述してゆくだけのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1911

 きのう、1911を観た。
 今年は辛亥革命から100年ということで制作された作品だ。

 陳舜臣の「孫文」を再読してから、と思ったのだが、時間ができたので劇場に足を運んだ次第である。
 ちなみに公開初日で、吹き替え版しか上映されていなかった。私は字幕派なので少々残念ではあるが、選べないのでは仕方がない。

 孫文は結構似ていた。革命の情熱に燃えた、不屈の男を好演していたと思う。
 ジャッキーチェンも出演していて、黄興という人物を演じており、こちらは戦闘の実行部隊長といった役柄である。砲と銃が主役となった近代の戦争において、成龍のアクションシーンを堪能するシーンは殆どなかったが、それはそういうものだと納得ずくであったので特に不満は感じない。

 惜しむらくは私にその時代の知識が圧倒的に不足していたことだ。それが楽しみにつながった面も大きいが、本当に楽しむためにはある程度の知識は必要であろう。
 現在また陳舜臣の「孫文」を読んでいる。

 

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/06(日) 14:36:01|
  2. 映画のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファイナルファンタジー3 | ホーム | おでん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kooheya.blog51.fc2.com/tb.php/218-f7738917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コウヘヤ管理者

Author:コウヘヤ管理者
コウヘヤの管理者。
ゲームと読書を好む。
格闘スタイルは双截拳で、右利きのサウスポー。
なんつて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。