コウの日記

波乱に満ちない平々凡々な日常をただ記述してゆくだけのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悪魔城ドラキュラX月下の夜想曲

 最近、コレにハマっていた。
 ドラキュラのARPGシリーズ第一弾だけあって未成熟な部分がないわけではないが、完成度はかなりのものである。
 かなり時間がかかったが、それは「妖刀むらまさ」を鍛えていたからだ。敵の返り血を浴びることでパワーアップしてゆくこの武器、通常の最強武器の攻撃力99に対し、100を越えることができるのだ。
 攻撃力が上がるごとに浴びるべき返り血の数も増えてゆき、その作業は苦痛であったが、210くらいまで上げた。かなり強い。
 だが、その後に「ヴァルマンウェ」を入手したとき、あっさりこれに持ち替えてしまった。「妖刀むらまさ」に比べ遥かに攻撃力が劣るものの一振りで4回攻撃を行ううえ、立ち止まらずに攻撃できる。
 私が鍛えた「妖刀むらまさ」はもはやお役御免である。攻撃力500くらいまで鍛えないと「ヴァルマンウェ」の使い勝手には及ばなさそうだ。

 武器といえば、本作では回復アイテムも武器コーナーに並んでいる。右手か左手に装備してメニュー画面を解除し、攻撃ボタンで使用するのだ。超面倒である。ポーション類でない食物アイテムにいたっては装備→攻撃(投擲)→取得(回復)という煩雑作業を強いられる。
 幸い本作ではお手軽回復手段がいくつも用意されているため、食物アイテムを使うことはほとんど無い。だが装備画面に食物アイテムと武器と盾とがごちゃ混ぜに並んでいるのは何とかならないものか、といつも思う。
 場面に応じた武器の選択、これがやりづらいのは痛い。

 欠点といえばこんなところだろうか。使い魔育成も楽しく、時間を忘れて楽しめる良作であった。

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/01/18(日) 00:54:08|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲 | ホーム | 天地創造>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kooheya.blog51.fc2.com/tb.php/111-0ed5af8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コウヘヤ管理者

Author:コウヘヤ管理者
コウヘヤの管理者。
ゲームと読書を好む。
格闘スタイルは双截拳で、右利きのサウスポー。
なんつて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。