コウの日記

波乱に満ちない平々凡々な日常をただ記述してゆくだけのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファイナルファンタジー3

クリア完了。
レベル63、熟練度99装備が二種類、極めたジョブは12程。
このような感じで色々中途半端だが、それほど労せずしてラスボスも撃破した。
前回全滅したのは、小賢しくも新たなジョブに就いて熟練度が不足していた事に加え、雑魚として登場するグリーンドラゴンの強さを見誤ったためである。

ストーリーは善くも悪くも普通で、エンディングもボリューム豊かではあるけれどやはり普通だ。ラスボスを倒してのち、パーティーと協力者が語らいながらそれぞれの住まいへと帰って行く。
何の変哲もなく、今時却って珍しい。
そういえば、ラスボス撃破後も居城が崩れたりしなかったが、これも珍しい。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/26(土) 11:22:52|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイナルファンタジー3

ラストダンジョンに挑んだら、全滅してしまった。
グリーンドラゴンめ、そんなに強かったのか…。

ランダムエンカウントなのに。
  1. 2011/11/21(月) 23:15:19|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアブロー式手指乾燥機

って、あまりよく乾かない。
  1. 2011/11/20(日) 18:49:15|
  2. 身の回りのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイナルファンタジー3

土のクリスタルを発見し、漸く最後のジョブを手に入れた。
中でも欲しかったのは忍者と、白黒魔道士の上位職、導師と魔人である。
早速ジョブチェンジして熟練度上げを行っている。一人が余るので空手家もついでに育てているのだが、流石は終盤近くで得られるジョブである。
上がりにくい!
恐らくクリアだけならすぐにでも出来るはずだが…。

でも、せっかくだからこれらも99にしてから決戦に臨もう。
と、思っている。
  1. 2011/11/19(土) 20:57:52|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孫文

退屈な入院生活。
陳舜臣の「孫文」を読み終えた。
下巻の後半辺りで映画「1911」の範囲に入る感じだった。
蜂起するたびに失敗し、失敗を重ねて重ねて、成功をみるのは16年後。
粘り強いにも程があるというものだろう。
強靭で清廉な指導者。現代にも望まれる人物である。

まったく、国家にしても企業にしても、トップにろくでも無い奴が多い。
  1. 2011/11/18(金) 17:56:53|
  2. 書物のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイナルファンタジー3

退屈な入院生活。
ファイナルファンタジー3を、ストーリー進捗とパーティー強化のバランスをうまくコントロールしながらプレイしている。
時間はたくさんある。せっかくだから、豊富なジョブを活用しながらプレイするのが楽しい。

もうレベル41だが、まだ忍者を始めとした最後のジョブを入手していない。

どのジョブも強く、面白い。
  1. 2011/11/17(木) 16:54:59|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イレウス

私は今、入院している。
イレウスつまり腸閉塞の為である。
どれほど長くなるのか、それもよくわかっていない。
現在飲食禁止ではあるものの体調はよく、読書とゲームを楽しんでいる。
  1. 2011/11/15(火) 15:04:41|
  2. 身の回りのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ファイナルファンタジー3

 熟練度上げは必要な作業だ。
 ジョブチェンジした直後などは特にそう。

 本作において各ジョブの熟練度を99にするメリットはジョブ固有の最強装備にある。
 FF5のように転職後にも引き継がれるアビリティーといったものはない。

 ラストでのパーティの構成を見据えて、不要と思われるジョブはとことん無視するのが効率的なようだ。
 とはいえ結局、行き当たりばったりになりそう。


 現在、飛空挺を入手して浮遊大陸を出たあたり。
 平均レベル21。まだ先は長そうだ。

テーマ:Nintendo DS - ジャンル:ゲーム

  1. 2011/11/07(月) 20:57:46|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1911

 きのう、1911を観た。
 今年は辛亥革命から100年ということで制作された作品だ。

 陳舜臣の「孫文」を再読してから、と思ったのだが、時間ができたので劇場に足を運んだ次第である。
 ちなみに公開初日で、吹き替え版しか上映されていなかった。私は字幕派なので少々残念ではあるが、選べないのでは仕方がない。

 孫文は結構似ていた。革命の情熱に燃えた、不屈の男を好演していたと思う。
 ジャッキーチェンも出演していて、黄興という人物を演じており、こちらは戦闘の実行部隊長といった役柄である。砲と銃が主役となった近代の戦争において、成龍のアクションシーンを堪能するシーンは殆どなかったが、それはそういうものだと納得ずくであったので特に不満は感じない。

 惜しむらくは私にその時代の知識が圧倒的に不足していたことだ。それが楽しみにつながった面も大きいが、本当に楽しむためにはある程度の知識は必要であろう。
 現在また陳舜臣の「孫文」を読んでいる。

 

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/06(日) 14:36:01|
  2. 映画のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おでん

 コンビニのおでんがキライである。
 食したことが無いのでウマイマズイはわからない。

 レジに並んでいるときに前の客がおでんを注文したときの切なさと言ったらない。
 ダラダラと選ぶ太った客。あ、「太った」は関係ないか。
 レジの精算時間は通常の3~5倍になるだろうか。

 こんなの全然「コンビニエンス」ではない。

 コンビニおでんなんか無くなってしまえばよいのに。

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

  1. 2011/11/02(水) 21:48:36|
  2. 身の回りのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイナルファンタジー3

 前回のプレイから1年だろうか、それとも2年っ経ったろうか。

 いずれにせよ、ストーリーの推移はすっかり忘れてしまっており、データロードしてから、周辺の地形を調査するのに時間を要した。
 ロードしたデータから推測するに、私はジョブ熟練度と手熟練度を上げるためにゲーム開始地点でゴブリンを延々と、というほどでもないが狩っていたようだ。
 この作業はとてもつまんない。プレイを長らく中断した理由はおそらくこれだろう。

 熟練度上げは後回しにして、本編シナリオのほうを進めることとする。

 どうやら、ヴァイキングから船を譲り受けたところからのようだ。
 

テーマ:Nintendo DS - ジャンル:ゲーム

  1. 2011/11/01(火) 22:50:30|
  2. ゲームのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

コウヘヤ管理者

Author:コウヘヤ管理者
コウヘヤの管理者。
ゲームと読書を好む。
格闘スタイルは双截拳で、右利きのサウスポー。
なんつて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。