コウの日記

波乱に満ちない平々凡々な日常をただ記述してゆくだけのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナツひとり

 正月休みの醍醐味、TVを観ながらゴロゴロしていたら、NHK教育で「ナツひとり」というのを放送しており、舞台での演劇なのだけれど、なんとなく観ていたら、つい引き込まれてしまった。
 これ書いている時点でも放送しており、つまり、観ながら書いているというわけ。
 主人公ナツを演じるのは仲間由紀恵。少女時代から老年時代に至るまでをただ一人で演じ続けている。
 ちょっと長くて疲れてしまうけれど、恐らく、こういうものは観客も体を張って全力で観るべきものなのだろう。
 もうすぐ終わるようだ。いや、よいものを観させてもらった。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/02(水) 00:59:21|
  2. TVのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栞と紙魚子の怪奇事件簿

 このところ、欠かさず観ているTVドラマがある。
 タイトルにある、「栞と紙魚子の怪奇事件簿」である。しおりとしみこのかいきじけんぼ、と読む。紙魚子はしみこ。

 日本TVで土曜深夜24:50からと、観易い時間帯であることが素晴らしい。
 二人の女子高生を主人公としており、二人とも大変カワイイ。(片方は眼鏡っ子だ!)キャラクター設定からして原作と異なるけれども、ストーリーに関しては大きく逸脱するところは少ない。これは原作のハチャメチャ振りからすると驚嘆に値する。

 今回の見所。
 女子トイレで女子生徒達と普通に雑談する男子。
 女子トイレは、普段はお弁当を食べる場所である(!)のだが、今回は簡易的な法廷が開かれる。そこでの証言の一節。
「黒田先輩は、加奈子に付きまとうストーカーなんです。いつも彼女の家の前で張り込んでいるんです。夜遅くのときもあれば、日の出前のときも。雨の日にも雪の日にも、はては振り替え休日にまで!」‥‥振り替え休日?
 紙魚子は今の時代に調べものを古本屋で行う。まあこれは古本屋に居候しているのだから当たり前かもしれない。

 公式HPで観ることができるので、面白かった回は2回3回と観てしまったりする。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/02/17(日) 02:19:57|
  2. TVのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クローズアップ現代

 昨夜、つまり6月4日のクローズアップ現代は、いまどんな本が売れているのかというテーマだった。
 私も読書家の端くれとして興味深く観ていた。

 結論から言うと、
 「売れている本が売れる」
 ということだった。
 売れている=良い内容。という簡単な図式で、人々は本を購入するらしい。
 本の良さ=出版部数と、数字で表されるのだから簡単なことこの上ない。
 なんとバカな世の中であろうか。そして、なんと恐ろしい世の中であろうか。

 良書を吟味して出版する出版社が廃業に追い込まれたという例も紹介された。

 番組途中で、売れる本しか買わないというバカな主婦が登場した。
 映し出される本棚に並ぶのは、電車男。ハリーポッター。あとは、忘れた。
 そして手に取っているのは、ホームレス中学生!
 このバカな主婦というのは恐らく、ヤラセだろう。いくらなんでもこんな奴ぁいねぇ。
 この役を買って出たメガネ美人は大した勇気の持ち主である。

 こうした状況に危機感を抱いた書店関係者は、独自の価値観を持って「本屋大賞」なる賞を設立。売上高にとらわれず、良書を薦める目的だったのだが‥‥。
 本屋大賞受賞作品もその1位の本しか売れない、という。
 「なんでやねーん!」と叫びながら箭疾歩したい気分である。
 この技は、離れている相方にツッコむときに有効。


 本でもゲームでも音楽でも。
 売り上げランキングにとらわれないようにしましょう。というのは早計だ。
 別の用途がある。ランキングに名を連ねているのは、ほとんどがクズのようなものである。だから、それらは避ける。これが、売り上げランキングの正しい活用法である。
 少なくとも本に関してはこれは適用できそうだ。
  

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/06/05(木) 11:12:09|
  2. TVのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

探検ロマン世界遺産

 夕食を摂りながら、NHKの「探検ロマン世界遺産」をなんとはなしに見ていた。
 フィレンツェが舞台で、ルネサンスがどうとか宗教画がどうとかと、ちょっと私には縁遠い内容であった。

 リポーターが、とある画材店を取材したときのこと。
 少し長身でひげを蓄えたルイジという男性に出会う。ん?ルイジ?
 彼はフレスコ画を生業としており、リポーターは彼の工房へ共に向かうことになった。

 工房は楽しそうな雰囲気で、5・6人が作業を行っていた。
 そして奥にもう一人。小太りでやはりひげを蓄えた人物の姿があった。ルイジ氏より幾分背が低い。
 その男の名は、まさか‥‥。

 そのまさかであった。
 彼の名は、マリオという。

 ルイジ氏とマリオ氏。
 この二人は顔立ちがどことなく似ているような気がする。まさか‥‥。

 え?兄弟ではない?
 ああ~。惜しいなぁ。
 それにしてもあの兄弟に雰囲気が似ていた。オーバーオールを着ていれば完璧だったのに。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/12/14(日) 01:50:00|
  2. TVのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クローズアップ現代

 今日取り上げた題材は、「貧困ビジネス」である。
 貧困層をターゲットとして、彼らから長期的に搾取を続けるというビジネス。

 今回は住居型老人ホームに老人を詰め込み、生活保護や介護報酬を彼らから取り上げて利益とするビジネスをクローズアップしていた。
 区役所がこうした悪質業者を斡旋して入居させていた例もあるという。
 東京都から千葉県のホームに入居させ、諸費用は東京の区役所が負担。監視義務は区役所にあるが、いささか遠方のためそれがなされていない。
 私は区役所と業者がグルになっていると見ている。

 問題が浮き彫りになって、居住地の行政が負担すべきとの通達があり、県では負担増になってしまうから入居者を東京都に送り返すことも検討せねばならないとしている。
 厄介なモノの押し付け合いだ。
 私は、ちょうど放射性廃棄物のごとき扱いだな、と感じた。

 悪質な貧困ビジネス事業者は少なくないようだ。これらを取り締まるのも重要であるが、もう一つ超巨大な貧困ビジネス業者も何とかすべきではあるまいか。

 その業者とは、日本政府。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009/02/03(火) 21:21:51|
  2. TVのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

コウヘヤ管理者

Author:コウヘヤ管理者
コウヘヤの管理者。
ゲームと読書を好む。
格闘スタイルは双截拳で、右利きのサウスポー。
なんつて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。